スキンケアの基本は”UVケア”にあり?「紫外線対策」で白肌を守る!

「洗濯物を干すだけだから」「ちょっとそこまでのお買い物だから」…とついついUVケアせずに無防備な肌を紫外線に晒してはいませんか?
なんと、「紫外線」は肌の老化の原因の80%ともいわれています!
ドキッとした方は要注意。冬も曇りの日も「紫外線」は毎日降り注いでいますので、油断大敵です!

紫外線が肌に与える影響とは?

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線や紫外線があります。「紫外線」は、その中で最も波長の短い光のことで、波長によってUV-A、UV-B、UV-Cにわかれており、実際に地表に届くのは、そのうちUV-AとUV-Bです。
私たちが注意しなければならない「紫外線」、UV-AUV-Bについて今一度おさらいしてみましょう。

UV-A(生活紫外線)

太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。さらに、雲や窓ガラスを透過して肌の奥、真皮まで到達するといわれています。生活紫外線ともよばれ、シミ以外にしわやたるみなどの原因に。
曇りの日や日差しの差し込む室内でもきちんとUVケアをして、うっかり日焼けを防ぎましょう。

UV-B(レジャー紫外線)

屋屋外での主な日焼けの原因となり、海水浴などで紫外線を多く浴びた直後に赤く炎症する「サンバーン」や肌が黒く日焼けする「サンタン」を引き起こします。レジャー紫外線とも呼ばれ、シミ以外にそばかす、乾燥の原因に。
強い日差しを浴びるレジャーの際は、ウォータープルーフ処方&SPF値の高い日焼け止めがおすすめです◎

毎日のUVケアで紫外線から肌を守ろう!

日焼けや炎症を引き起こすだけでなく「肌老化」のさまざまな原因となる「紫外線」。
紫外線に無防備なままでは、せっかく化粧水や美容液でケアをしていても肌へダメージを蓄積していくばかり…。そんなのもったいないですよね!

顔や腕・脚といった大きなのパーツはもちろん、うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまいがちな、耳の後ろや足の甲、また、年齢サインが出やすいといわれる首元・デコルテ部分や手元のUVケアも忘れずに!
日傘やストール、サングラスといった小物も上手に取り入れてみてくださいね。

美白ケアのためにも、エイジングケアのためにも、1年を通してのUVケアが重要です。きちんと紫外線対策をして透明感のある白肌を守りましょう♪

肌和華のUVケアアイテムはこちらから>>>肌和華 CC

※※※
美白…メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
シミ・そばかす…日焼けによるシミ・そばかす
くすみ…乾燥によるキメの乱れ
エイジングケア…年齢に応じた化粧品効能によるお手入れ
浸透…角質層まで
シワ…乾燥による小ジワを目立たなくする(効能評価試験済み)